毎日の暮らしにほっこりを。

飯椀 白・青化粧 陶器 かやのあきこ

2,970円(内税)

在庫状況 1

購入数
かやのあきこさんの飯椀 (白・青化粧)。

化粧泥という泥状の土を使い、施された装飾。
様々な土の表情をひとつの器から楽しむことができます。
沢山の工程を重ね生み出されたその作品は、
アンティークのような深い味わいがあります。

真っ白なお米、少し茶色の玄米、赤味のある雑穀米も良く似合います。

見込み(内側)はつるんとしていて、ごはん茶碗としてとても使い勝手が良く、
作陶をするときは使いやすさを常に考えているという、かやのさんの心遣いが伝わります。

異なる質感や、土ならではの温もりを感じながら使って頂きたいうつわです。


サイズ 約 径11僉濆7.5
 重さ 約 190g
 素材 陶器

◆ご注意◆
かやのさんの作品は、形、削り模様、色合い、色の濃さなど、ひとつひとつ異なる変化があります。こうゆう雰囲気なんだな、と思ってていただき、世界にひとつだけの作品の個性をお楽しみいただきたい方への購入をおススメいたします。
-------------------------------------

かやの あきこ(宮城県仙台市)

土を知る。
化粧土という泥状の土で描かれた装飾。
色、質感、様々な土の表情。あたたかな土の温もり。
いつもそこに在りながら身近に思うことが少ない
土の姿、存在というものを感じさせてくれるうつわたちです。

[陶歴]
2004年 東北生活文化大学 家政学部生活美術学科 卒業
2004年 宮城県内の陶芸家の元で修行
2006年 カルチャースクールの陶芸講師を勤める
2011年 札幌の陶芸家 橋本忍氏に師事
2012年 独立。仙台市太白区茂庭に工房(兼自宅)を構える

-------------------------------------