毎日の暮らしにほっこりを。

湯呑み 半磁器 アトリエ紡−tsumugu−

3,240円(内税)

在庫状況 2

購入数
アトリエ紡−tsumugu−さんの湯呑み。

いっちんという技法で、スポイトにゆるく溶いた土を入れてひと盛りひと盛り丁寧に描きだされた模様。
自然や日常にあるもの、幾何学的なものが好きな神坂さんが見てきたもの、感じてきたもの、
ご自身の中にあるものが描きだされています。

両手で包み込みたくなるような、ぷくーっとしてころんとしたフォルムがとても愛らしく
湯呑みとしてはもちろん、小鉢としても使っていただける万能なうつわです。

日常使いのうつわとして、使いやすい器作りを心掛けているというアトリエ紡さん。
そのうつわたちは、毎日の食卓でとてもよく活躍してくれます。

手に馴染むフォルム、淡く柔らかな色彩。
楽しいこと、嬉しかったこと、悲しかったこと、つらかったこと、頑張りたいこと。
いろんな想いがある日常の中に、ほっとひと息、あたたかな気持ちを運んでくれるうつわたちです。


 サイズ 約 径8.5僉濆癸供ィcm
 重さ  約 160g
 素材  半磁器


◆ご注意◆
アトリエ紡さんの作品は、大きさ、形、絵柄、色合いなど、ひとつひとつ異なる変化があります。写真はサンプルです。こうゆう雰囲気なんだな、と思っていただき、世界にひとつだけの作品の個性をお楽しみいただきたい方への購入をおススメいたします。
----------------------------------

アトリエ紡−tsumugu− (神奈川県相模原市)

糸を紡ぐようにひとつひとつ丁寧に。
うつわ、くらしを通して
使いやすくて心地よいもの・空間を目指し活動。

[陶歴]

足立 貴隆
−うつわの成形と鉄による象嵌の装飾をメインに担当
兵庫県出身
2012 愛知県立窯業高等技術専門校卒業
2012 岐阜県土岐市の製陶所に勤めながら制作を開始

神坂 幸恵
−手びねりといっちんによる装飾を担当
北海道出身
2012 いっちんに興味を持ち、うつわに装飾を始める

・・・・・・・・・・・・・

2013 二人で「アトリエ紡-tsumugu-」として活動を始める
2015 神奈川県藤野町に活動拠点を移す

----------------------------------