毎日の暮らしにほっこりを。

くきをえがく 一輪挿し ガラス 藤原典子

3,240円(内税)

在庫状況 1

購入数
藤原典子さんの一輪挿し くきをえがく。

透明なガラスと不透明なガラスが半分こ。
茎を描くようにお花を活けて、その花の全てを楽しんでほしいという
藤原さんの想いが伝わる作品です。

これに活ける草花は、なんだか幸せそう。
その姿をゆったりと眺め、癒しの時間を過ごして頂きたいガラスの一輪挿しです。


サイズ 約 径6僉濆癸掘ィ記僉澹縁2
 重さ 約 100g
 素材 ガラス


◆ご注意◆
藤原さんの作品は、大きさ、形、絵柄などに、ひとつひとつ異なる変化があります。こうゆう雰囲気なんだな、と思っていただき、世界にひとつだけの作品の個性をお楽しみいただきたい方への購入をおススメいたします。
----------------------------------

藤原 典子 (洞爺湖町月浦)

優しさを手にする。
身近な生きものや風景を描く
その作品を手にすると、
柔らかな気持ちが訪れます。
見逃してしまいがち幸せな景色を
そっと教えてくれるガラスたちです。

[経歴]
1984年 愛知県名古屋市に生まれる
2003年 東京ガラス工芸研究所入学
2005年 東京ガラス工芸研究所卒業
2006年 gla_glaに入る

----------------------------------