毎日の暮らしにほっこりを。

灰粉引飯椀 黄 陶器 伊藤豊 Y51

2,400円(内税)

定価 2,400円(内税)

在庫状況 0 sold out

伊藤豊さんの灰粉引飯椀(黄)。

しのぎ(鎬)という、表面を一彫一彫丁寧に削り、描き出された稜線模様。
粉引きという技法で、赤土に白化粧土が施こされています。

ところどころ、青いガラスのような流があったり、
口縁や鎬部分に鉄のような荒々しい部分があったりと、
この器ひとつで、沢山の変化を見ることができます。
ずーっと眺めていると、その魅力にどんどん引き込まれていく茶碗。
ごはんがよりいっそう美味しくなりそうです。

日々の生活に寄り添う、優しい個性。
気軽に手に取り、ちょっとだけ贅沢な時間を過ごしてほしいうつわです。


サイズ 約 径12.5僉濆癸境
重さ 約 180g
素材 陶器

◆ご注意◆
伊藤さんの作品は、形、削り模様、色合い、色の濃さ、釉薬の流れなど、ひとつひとつ異なる変化があります。写真はサンプルです。こうゆう雰囲気なんだな、と思ってていただき、世界にひとつだけの作品の個性をお楽しみいただきたい方への購入をおススメいたします。
-------------------------------------

伊藤 豊(岐阜県瑞浪市)

日々の暮らしに寄り添う。
存在感はあるのに主張しすぎない。
丁寧な手仕事は、ひと目でわかります。
その使い心地が癖になり、
手放せなくなるうつわたちです。

[陶歴]
1981年 岐阜県瑞浪市生まれ
2002年 服飾専門学校を卒業
2008年 地元の製陶工場に就職
   しばらくして、仕事と趣味の幅を広げようと
   陶芸教室に通い始める。
2011年 愛知県立窯業高等技術専門校に入学
2014年 窯元に勤めながら作陶
2015年 独立

-------------------------------------